脱毛の基礎知識|あなたはサロン派?クリニック派?それとも自分でやる?
脱毛の仕組み
ムダ毛というのは、気になりだしたらとことん気になります。

特に女性の場合は、ツルツル肌で痛いという願望を誰もが持っていると思います。

女性でも、毛深い人もいるし、ムダ毛で悩んでいる人もいます。


参考:わきのムダ毛を、夏場だけではなく年中、「キレイに処理」しておくのは女性の最低限の身だしなみです。

そんな場合、どうしても脱毛したいということを一度は思ったことがあると思います。

ただ、脱毛をするには、毛が生えてくるメカニズムを知っておくと、脱毛がどのように行われているかがわかると思います。

毛には、いくつかの周期があり、その周期で皮膚の表面に出てきたり、抜け落ちて生えてこない時というのもあります。

毛の周期を知っておきましょう。

毛には休止期・成長期・退行期というものがあります。

休止期というのは、毛が生えていない毛根のことをいいます。

徐々に毛が生えてきて、休止期から成長期へと移行していきます。

成長期になると一番活発に毛が成長していますので、この時に脱毛処理を行うと、綺麗になくなった感じになります。

退行期も成長期ほど毛に勢いがありませんが、この時期も脱毛処理をすると効果があります。

休止期の時は、表面に毛が出てきていませんので脱毛をしたくてもできません。

最終的に退行期が過ぎますと、一旦毛は抜け落ちて休止期に入ります。

この毛の仕組みは髪の毛でも、体の毛でも同じように、この3つの周期を繰り返しながら毛が生え変わっています。

ここまでのことから、ムダ毛と思っている場所の脱毛処理をする場合は、この周期に合わせて脱毛処理をしていかないと効果が薄くなります。